2018年12月23日

酒の味をしんみりと楽しみたい人へのお酒   久保田萬壽

12月も下旬に入り、お正月も視界に入り出しました。



お歳暮を贈り忘れている人、
お正月のお酒を買い忘れている人、
定番の高級日本酒です。

あまりお酒は飲めないので、
いいお酒を少しだけ飲みたい人にお勧めです。

がぶ飲みの時代は終わり、
少しだけお酒を味わいたい人におススメです。

飲んだ後も、口臭が漂わないいいお酒、

このような方にお勧めなのが、
大吟醸酒 久保田萬壽です。





ラベル:大吟醸酒
posted by shibakken at 17:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

動物図鑑   学習研究社   DVD50分


家族ぐるみの付き合いをしているお宅の男の子が3歳になりました。


とても可愛い盛りなのですが、最近動物つまりペットで飼っている犬とか猫に大変関心を示します。

また、その親父さんが競馬好きであるために家族で競馬場にもいくそうです。


そのためこの子供は馬が大好きだとのことです。


あまり小さい時から競馬好きになっても?と考えたりするのですが、
両親ともどこ吹く風です。


そこで漫画チックに描かれたいろんな動物の絵本をプレゼントしたところ、
その子はこんな簡単な本じゃ面白くないというそうです。
小さいのに、探究心がある子供です。


それは失礼なことをしたかなと思い、本屋に行って調べたら、

3歳くらいから小学生くらいまでを対象とした良い本があるとのことでした。

この本は学習研究社が発行している「学研の図鑑  動物」でした。


内容は、
ペットなどの動物から始まり、
動物園にいる動物、
アフリカのジャングルなどにしかいない動物に至るまで、
800種類くらいが網羅されています。



内容的に見て3歳児には難しい部分もありますが、
動物に好奇心がある幼稚園児、小学生向きだということも頷けました。



この本は索引が充実していて、後ろの索引を見ると、
すぐに調べたい動物が出てきます。

小学館からも同じ内容の動物図鑑が販売されていますが
ページ数が40ページほど少ないです。

また講談社からも同様の動物図鑑が販売されていますが、
こちらはページ数が20ぺーじ程少ないだけでなく、
索引が和文表記だけです。

この子たちが大人になる時代はさらに国際化進んでいると思われますので、
英文併記のほうが良いと思われました。




ちなみに、学習研究社・小学館・講談社ともにお値段は同一です。

写真が多いのに、とても割安感があります。

その上、50分にわたる解説をおこなうDVDがついています。



ただひとつ気になったのは、ほんがA4版で、結構な重さなのです。

安全上小学生にはよいと思いますが、

幼児の場合は親御さんが、

一緒にもって読んであげることが必要かと思いました。



!幼児・児童の動物への好奇心を満たすのはこの図鑑!
posted by shibakken at 00:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

速乾性・吸水性と軽量とを誇るSoil製バスマットは、化学繊維製バスマットに固有のカビ・ダニの心配は一切無用です!



 1.8sと軽量で速乾性がある珪藻土製バスマットは、

毛足の長い繊維製バスマットと違い、

カビやダニが決して住めない構造となっています


    
   コノ珪藻土製バスマットが軽いワケ!



 このマットのサイズは57cm×42cmです。

 厚さは0.95cmです。

 これで重量は1.8kgってずいぶん軽いですねという話になります。

 他社製品は2.5cmを超えています。

 会社の製品は軽いの?との疑問が生じるかと思います。

 ここの製品は単に珪藻土を固めたのではありません。

 ここの製品は珪藻土にパルプ繊維を混ぜて製造した複合材料のため、

 強度は大幅に向上したため、板厚は0.95cm薄くできました。

 軽量化率でいえば、62%も軽くなっています。

一口に珪藻土製バスマットといってもいろんなタイプのものがあります。

女性の方でも軽々と持ち上げられるワケには、

このような技術的な背景があります。



 もう一つ重要なことは、

 この珪藻土製バスマットの表面には、

 化学繊維製バスマットのように、

 繊維毛がないため、

 ダニやカビの菌が住むところがありません。

 このため、ダニやカビについては一切心配無用です。
 


それでいて、

優れた吸水性のために、

風呂上がりの濡れた足裏の水滴を素早く吸い取ってくれます。


 いつも表面は乾燥し、つるつる面ですので衛生的です。
 
 化学繊維製のバスマットで、

 他の方が使用後の濡れたバスマットで拭くときの感触は嫌ですね!

 ちょっとお値段は張るけれど、足を吹くときの気分まで考えると

 お値段は論外のことですよね!

 

⇓風呂上がりの足ふきはコチラ⇓

posted by shibakken at 12:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。