2017年01月23日

オホーツク海   ホタテの貝柱   コクと甘み


我が家の夕食は、毎日寒くて寒くてどうしようもないので鍋料理です。
鍋料理で湯気の立っている料理を食べるとホッとしませんか。
鍋料理はなぜかと聞かれると困るのですが、
そうした精神的にも暖かさを感じる料理です。


鍋の具は野菜類は勿論のことですが、
ホタテの貝柱が好物です。
今の時期の北海道産ホタテの貝柱は強い甘みとコクがありとても美味。


料理法としてはなべ物以外にも、
●刺身●バター焼きで●シーフードグラタンに●シチューに●炊き込みごはんに
など幅広く使用できます。


うまみ物質はコハク酸で構成されますが、
貝柱の場合このコハク酸があさりの10倍になるそうです。
道理でうまいんだとひとり納得していますよ。
詳しくは下記画像をご覧ください。





鍋料理と合うお酒となると日本酒でしょう。
我が家では鍋料理の時、お酒は日本酒となります。
そうすると、寒さも疲れも飛んでしまうのです。
お酒は1合とかそんなもんですが。
なぜかはよくわかりませんが。
ご存知の方教えてくれませんか?


いろんなお酒を知りたい方は下記画像をどうぞ。


posted by shibakken at 23:51| 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。