2018年06月25日

動物図鑑   学習研究社   DVD50分


家族ぐるみの付き合いをしているお宅の男の子が3歳になりました。


とても可愛い盛りなのですが、最近動物つまりペットで飼っている犬とか猫に大変関心を示します。

また、その親父さんが競馬好きであるために家族で競馬場にもいくそうです。


そのためこの子供は馬が大好きだとのことです。


あまり小さい時から競馬好きになっても?と考えたりするのですが、
両親ともどこ吹く風です。


そこで漫画チックに描かれたいろんな動物の絵本をプレゼントしたところ、
その子はこんな簡単な本じゃ面白くないというそうです。
小さいのに、探究心がある子供です。


それは失礼なことをしたかなと思い、本屋に行って調べたら、

3歳くらいから小学生くらいまでを対象とした良い本があるとのことでした。

この本は学習研究社が発行している「学研の図鑑  動物」でした。


内容は、
ペットなどの動物から始まり、
動物園にいる動物、
アフリカのジャングルなどにしかいない動物に至るまで、
800種類くらいが網羅されています。



内容的に見て3歳児には難しい部分もありますが、
動物に好奇心がある幼稚園児、小学生向きだということも頷けました。



この本は索引が充実していて、後ろの索引を見ると、
すぐに調べたい動物が出てきます。

小学館からも同じ内容の動物図鑑が販売されていますが
ページ数が40ページほど少ないです。

また講談社からも同様の動物図鑑が販売されていますが、
こちらはページ数が20ぺーじ程少ないだけでなく、
索引が和文表記だけです。

この子たちが大人になる時代はさらに国際化進んでいると思われますので、
英文併記のほうが良いと思われました。




ちなみに、学習研究社・小学館・講談社ともにお値段は同一です。

写真が多いのに、とても割安感があります。

その上、50分にわたる解説をおこなうDVDがついています。



ただひとつ気になったのは、ほんがA4版で、結構な重さなのです。

安全上小学生にはよいと思いますが、

幼児の場合は親御さんが、

一緒にもって読んであげることが必要かと思いました。



!幼児・児童の動物への好奇心を満たすのはこの図鑑!


posted by shibakken at 00:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。